キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

新着情報

◆2016/05/11
肌が弱い人は、肌に優しい白髪染めを使おう!を新規投稿しました。
◆2016/05/11
白髪染めを綺麗に行うためのコツとはを新規投稿しました。
◆2016/05/11
白髪染めはどれくらいの肌へのダメージがあるかを理解しておこう!を新規投稿しました。
◆2016/05/11
白髪染めの種類を理解してから染めをしよう!を新規投稿しました。
◆2016/05/11
リンク集を新規投稿しました。

肌が弱い人は、肌に優しい白髪染めを使おう!

no_image

あなたは白髪染めを使う時には、肌に優しいものを選ぶようにしていますか?肌が強い人であれば特に問題はないですが、肌が弱い人

白髪染めを綺麗に行うためのコツとは

no_image

あなたは白髪染めを綺麗に染めるコツは知っていますか?実は白髪染めで上手く髪の毛に色をつけるためのポイントがいくつかあるの

白髪染めはどれくらいの肌へのダメージがあるかを理解しておこう!

no_image

あなたはこれまで白髪染め以外にも髪の毛を染めた経験はありますか?きっと誰もが一度は人生において一度は髪を染めたことがある

知ってる人がいない白髪染めの正しい染め方

あなたは白髪染めの正しい染め方を知っていますか。きっと多くの人は白髪染めの正しい染め方を知らないままただ説明書きを簡単に読んだけで、白髪染めを行ってしまう人がほとんどなのではないでしょうか。実際に白髪染めをするだけなのであればそれは特に問題なく白髪染めをすることができるのですが、白髪がきちんと染まるようにとか、肌があれないようにするためには、きちんと正しい染め方を知って白髪染めを行うことが大切です。そこで今回はそんな白髪染めについて多くの人が知らない、白髪染めの正しい染め方について紹介していきましょう。

白髪染めを行う前にはまず白髪染めの仕組みを知っておこう

白髪染めにはあなた自身にあった白髪染めを選ぶことが大切で、その自分に合ったものを選ぶためにも白髪染めの仕組みを知っておく必要があるのです。白髪染めには永久染毛剤、半永久染毛剤の二種類があり、永久染毛剤はヘアカラーと呼言われているもので、種類は多くなく、基本的には1種類しか有りません。その逆に、半永久染毛剤には、いくつかの種類があり、その用途も様々です。

この永久染毛剤は髪の毛を覆っているキューティクルというものを開き、その髪の内部まで染めるという仕組みになって追います。そのため、二路が抜けにくく、色落ちしにくいという特徴があります。アルカリ液を使うことで、髪の毛のキューティクルを開くことができ、色が入りやすくなり、さらに色落ちしにくくなるという仕組みなのですね。しかし、それだけではまだまだ足りないので、酸化剤というものを使って色が固定されるようにしてくれるのです。しかし、その分色が抜けにくい分、髪へのダメージはあるので、髪の毛が傷みやすくなってしまうというデメリットはあります。

半永久染毛剤の場合は、上記とは違ってキューティクルを開くことをしないので、カラートリートメントで色つけたり、ヘアマニキュアと呼ばれるものでカラーリングするだけなので、色落ちはしてしまいやすいですが、髪が傷みにくいというメリットがあります。そのため、あなたが髪へのダメージは多少あったとしても、しっかり色を入れたいのであれば永久染毛剤を使うことをお勧めしますが、色落ちしてしまってやり直すことを前提に、髪へのダメージが少ない方がいいという方には、半永久染毛剤を使うことをお勧めします。

ぜひあなたもこれから白髪染めをしようとしているのであれば、まずはこれらの違いを最低限理解をして、自分にあった白髪染めを選ぶようにしましょう。そうしないと後から失敗したとなってしまう可能性があるので、まずは理解しておきましょう。